陣痛の痛みってどれくらい?私が経験した痛み体験談

陣痛

最近出産したナースママです。
よく「陣痛は鼻からスイカを出すようだ」と聞きませんか?
私も初めての出産で痛みってどれくらいなんだろうと不安でしかたなかったです。
出産前に色々調べたのですが、どんな痛みなのかは全く想像できず、結局何もわからず仕舞いでした。
そこで、陣痛の痛み、経過について少しでも参考になればと思い体験談を話していきたいと思います!

まず、私の場合は陣痛から出産が始まりました。
破水始まりの人もいますよね。
夜中の3時ごろに鮮血の出血があり、そこから徐々にお腹が痛いなーと思うようになりました。
それまで、前駆陣痛が多かったのでまた前駆陣痛なんだろうと思ってたのですが、
痛みがいつまでも治らず、間隔を測ってみました。
すると!すでに5〜6分間隔でそこから1時間半程度様子を見て病院に連絡しました。
痛みの間隔、出血があったことを伝えると朝方の5時ごろに電話したにもかかわらず、
優しい声で対応してくれたので、不安が軽減したのを覚えています。
旦那さんに病院まで一緒に行ってもらい、すぐに入院しました。
この時点で子宮口は3cmの開きでした。
入院後NSTをつけ待機することになりました。
初めの痛みは生理痛のような鈍痛で、会話も十分できるし歩くのも特に何も思わずできました。まだまだお産には時間がかかるということで旦那さんは一旦帰ってもらい、そこから一人で痛みに耐えることになりました。
陣痛の間隔が3分半〜4分になってくると徐々に痛みは強くなってきました。痛み的には生理痛のような鈍痛レベルがだんだん強くなってくる感じなのですが、なんせ腰が痛くて陣痛が起きている時は声が出るレベルになってきました。
陣痛がない時は、耐えられない痛みは全くなくなるのですが、常に腰はじわっと痛い感じが残ります。
横になって寝ているのが特に痛くて、座って痛みに耐えていました。
そこから間隔は全然早まらず、痛みに耐えるのに必死で情けないことに泣いていました。
あまりにも泣いて痛がるので、再度内診を受けることになりました。
この時点で12時間かかっています。
歩くのもやっとで、歩いている途中にも陣痛は襲ってきます。
内診を受けると子宮口は5cmになっており、LDR室への移動となりました。
ここで旦那さんも再度来てもらいました。
痛みが強くてまともに会話もできず、「だいぶ進んだね、もう少しで会えるよ。」と何度も声をかけてくれました。
痛みが強くなってくるにつれて次に辛くなってくるのが、肛門の気張りたい感じです。
陣痛中、これは止めようと思ってもどうしようもなかったです。肛門から何か出そうな感じ、私の場合は腸が丸ごと出るんじゃないのかと思うほど違和感が凄かったです。
そして、痛みが楽な姿勢をとって座っていたのですが、助産師さんから「一番痛い態勢はどの態勢?」と聞かれました。
私は右側を向いて寝ると一番痛かったので答えると「痛い態勢になった方が早くお産は進むから、頑張って横になりましょう。」とのことでした。
正直これ以上痛みに耐えれないと思いながら、意を決して横になることにしました。
そこからが、とんでもなく痛くベッドの柵にしがみつき、尋常じゃない汗をかきながら耐えることになります。この時ぐらいから、肛門を押してくれるようになり、なんとか違和感をごまかしながら耐えました。旦那さんが腰をさすってくれて、テニスボールで肛門を押してくれるのでなんとかなっていました。
しばらくすると(この時点で時間感覚は無くなっています。笑)点滴をしに助産師さんがきました。新人さんが初めての点滴をするみたいで、痛すぎてそれどころじゃないのに手を出して真っ直ぐにと言われました。わかっているけど痛すぎてできない、でも点滴してもらわないといけないしと必死に手を動かさないように頑張っていたのですが、なんせ遅くて、いつまでこの態勢を保たないといけないのか、初めてここでいらっときました。笑
点滴を受けるのを耐えていると、急に陣痛間隔が狭まり1〜2分間隔になりました。(まだ点滴のことをされています。)
この時の痛みは、腰を体の中からハンマーで思いっきり叩かれつつ、子宮から何かが全力で押してきて、肛門からも腸が全力で出てくる感じです。もう何がなんだかわからない痛みと辛さでした。陣痛間隔も狭いので、休憩できる時間がなんせないんです。
やっと治ったと思ったらすぐ次の陣痛がくる感じで、体感的には10秒ごとに陣痛が繰り返される感じになりました。
汗をかきすぎて、点滴のテープの固定がなかなかうまくいかないとまだ点滴のことをされており、(いや、汗拭いて貼ったらいいだけの話やろ。とか思いながら)もう無理と思って「痛い、痛い」と唸ってアピールしました。
すると、助産師さんも焦り出し、この時点で破水しました。
破水の感覚としては、子宮から丸い何かが出そうになったと思ったら、「パン!」と音がして、生温いものが一気に出てくる感じでした。
破水してからがさらに地獄で、陣痛間隔がさらに狭く、痛みも強くなります。助産師さんからも「破水したらしばらく連続で陣痛くるからね!」と言われ、「そんなん聞いてないよ!!!!」と思いながら、それこそ休みのない痛みで、痛みで全身の震えが止まりませんでした。
そこから、助産師さんがバタバタと走り出して、担当の助産師さんがきてくれました。
ここで「頭見えてきているよ!」と言われました。痛みに耐えながらびっくりしたのを覚えています。
「ここから30分たたずに生まれるよ!」と言われ、そんなに早く出るのかとさらにびっくりしました。笑
分娩態勢にすぐになり、ここからが勝負です。肛門はしっかりと助産師さんが抑えてくれているので(むしろ指が入っていたような気がします…)無視して、いきむことに全力をかけます。
ここで、導尿をされました。導尿の痛みは陣痛に比べると全くわからない程度です。
もうこの時点では、痛いというより、どうしたらいいのか分からない感じでとりあえず早く終わらしたい気持ちがかなり強かったです。
ここまで15時間かかっています。
それから、言われるがままに必死にいきんでいると、「あと2回で生まれるから!」と言われました。あと2回で開放されると、最後の2回は全力で挑みました。
途中で、会陰切開をされたのですが、針でちくっとされた程度の痛みで特に気にならなかったです。そして、最後いきんだ時にドゥルっと出ていくのがわかりました。
出てからは痛みが0になります。「やっと終わった。」というのが最初に思った感情でした。
その後色々と処置をされ、子供を見ることができました。生まれたてで、血もまだついててそれでも可愛くて、本当によく頑張って出てきてくれたと安心しました。
その後も胎盤を出さないといけないので、もう一度軽い出産のような経験をします。
陣痛がないだけ、全然マシですけどね。
胎盤が出たら、会陰切開部を先生が縫合してくれました。この時間が結構かかって(細かく縫って違和感が少ないようにしてくれていました。)、痛みはないんですが、しんどかったです。
終わってから、2時間安静のためずっと横になっていました。
その間に、子宮の戻りと出血程度の確認のために15分間隔で助産師さんがきます。
この確認がまた、痛いんです。
お腹を押されるのですが、「うぅ。」と声を出さずにはいられないくらいの痛みでした。
これを2時間耐えてからやっと、入院の部屋に戻れるといった流れになります。
この時子供は保育器に入ることになるのですが、これはまた別に書きますね。

初めての出産で痛みに関しては本当に未知の世界で、陣痛がきてからも不安と恐怖でしかなかったです。よく言う「鼻からスイカ。」と言う表現自体はそうなのかもしれませんが、私的には「出てはいけないものが全力で出てこようとする未知。」って感じでした。笑
痛がりの私が、本当によく頑張ったと自分を褒める毎日です。
立ち合い出産をしてくれた旦那さんにも感謝です。
少し後悔していることは、痛みがいやで楽な姿勢を取るのではなくて、頑張って痛い状態でいればもう少しお産時間は短くなったのではないかなというところと、泣いてしまったのは本当に情けない気持ちでいっぱいです。
お産に合わせて的確なアドバイスを助産師さんからもらえて本当によかったです。
合計15時間40分かけての出産となりました。その日のうちには生まれないかもと24時間コースを言い渡されていた私からしたら、まだ早い出産でした!
産んだら痛みは忘れるといいますが、私は全く忘れることができず、しばらく2〜3日は体が震えました。(どんだけ痛がりなの笑)
今では、可愛い子供の顔を見ると本当に幸せな気持ちになります。
頑張ってよかったとこれだけは本当に思います。
これから出産される方は不安でいっぱいだと思いますが、いつかお産は終わります。
泣き叫んでも生まれてきてくれます。
もう少しで、可愛い子供会えます!頑張ってください!




コメント