足がつって辛い!妊娠中に起こる原因

体の悩み

夜寝ている時に急に足がつる経験ありませんか?
妊娠後期になると特に足がつることが多くなり、ただでさえ睡眠が浅くなっているのに、さらに睡眠を邪魔されますよね。
なぜ、妊娠後期になってくると足がつるようになってしまうのか、原因と対策を紹介してきます。

足がつる原因

足がつるとは、足の筋肉が異常に縮んだ状態でかたまってしまう現象のことです。
筋肉が縮んだ状態になると、強い痛みが出てきます。
主にふくらはぎの腓腹筋ひふくきんで起こるため、腓返りこむらがえりと呼ばれます。

血液の流れが悪くなる

妊娠中は運動不足になりがちです。
そのため、血液の流れが悪くなりやすいです。
血液の流れが悪くなると、身体が冷えて筋肉も硬くなり、筋肉が縮んでしまいます。

栄養不足

血液内のカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが不足すると、筋肉や神経が興奮しやすくなり縮むことがあります。
妊娠中は赤ちゃんに優先的に栄養が送られるため、ママの体の栄養が不足し足がつりやすくなります。

骨盤が歪んでいる

妊娠後期になるとお腹が大きくなり重くなってきます。
お腹を支えようと無意識に姿勢が変わり、その影響で骨盤が歪みやすくなります。
骨盤や腹筋などに負担がかかると、足の筋肉にも影響を与えるため足がつりやすくなります。

寝ている時にも足がつるのはなぜ?

妊娠中はリラックスして寝ている時にも足がつります。
お腹が大きくなってくると睡眠中はお腹の重みで臓器が圧迫されるため、血の巡りが悪くなり筋肉も硬くなっているので足がつりやすくなっています。

また、寝ている時には無意識に伸びをしたり身体を動かしています。
その際に緩んでいたふくらはぎを急に縮めることでこむら返りが起こります。

足がつるのを予防するには?

運動をして血液の流れを良くする

妊娠後期になってくるとお腹も大きくなり、疲れやすいため運動も大変になりますが、ウォーキングやマタニティヨガなど軽い運動は継続するといいです。
また、水分をしっかりと摂るようにしましょう。

運動中にお腹の張りを感じたら、運動を中断してゆっくりと横になってください。
体調の悪い時は無理せず、できる時にやりましょう。

食事を工夫する

カルシウム、マグネシウムを意識して摂るようにしましょう。
カルシウムは乳製品、魚、パセリなどに多く含まれています。
マグネシウムは豆類、あさり、佃煮に多く含まれています。

また、身体が冷えることも原因なので温かいものを食べるのもいいです。
身体を温めてくれる生姜や根菜なども取り入れてみてください。

骨盤をしめる

骨盤ベルトで骨盤を締めると正しい位置に戻すことができるとされています。
足がつる原因になる足への影響を防ぐことが期待できます。
そのほかにも、腰痛や妊娠線予防、産後の骨盤ケアにも使えます。

足がつってしまっときの対策

足がつっている時はふくらはぎの筋肉が縮んでいる状態なので伸ばしてあげる必要があります。
つま先を掴んで足を伸ばしたまま、体の方に引っ張ってください。
引っ張った状態を痛みがなくなるまで続けてください。

お腹が大きくて、体勢がしんどい時はタオルを足の裏にかけて伸ばしたり、かべに足をくっつけたりするといいです。
無理やり歩くのも効果があります。


私はいつも歩いて直してました。つま先を引っ張って直すより早く治る気がします。

まとめ

妊婦生活も終盤になってくると出てくるこむら返り。
妊娠後期に入ると毎晩のように足がつっていました。
せっかく寝ている時に起こされるので寝不足にもなり辛いですよね。

妊婦さんのほとんどが同じように経験します。
できるだけ予防し、起きてしまっても対処できるようにしましょう!
身体を冷やさないようにぬくぬくで寝るようにしてくださいね!

コメント