赤ちゃんの言葉?クーイングってなに?

子供

赤ちゃんが泣き声以外に「あーあー。うーうー。」と話していることはありませんか?
声に反応してあげると嬉しそうな反応を見せてくれたりします。
可愛らしい赤ちゃんの言葉クーイングとは何か紹介していきます!

クーイングってなに?

赤ちゃんが機嫌のいいときに、「あーあー。」「うーうー。」といった声を出すことがあります。
これをクーイングと言います。
クーイングは泣き声とは違い、口や喉の形が発達したため出せる声です。
口や唇を使わずに発せられ、くつろいだようなゆったりとした声である点が特徴です。
うちの子もよく口は動かさずにこっちをみて声を出してくれていました。
クーイングは言葉の発達の始まりだとされており、声が出せることをおもしろがっているともいわれています。
クーイングを始める時期には個人差がありますが、早い場合は生後1カ月頃から始まり、2~3カ月頃によくするようになるといわれています。

クーイングをしだしたら一緒にお話してみましょう!

赤ちゃんがクーイングをし出したら、その声に対して反応してあげてください。
「あーあー。うーうー。」と赤ちゃんが言っていたら、同じトーンで「あーあー。うーうー。だねー」と赤ちゃんに話しかけてあげてください。
赤ちゃんの声に反応してあげることで、赤ちゃんは「ママが自分の声に対して何か言ってくれた!」と感じ、どんどん声を出すようになります。
クーイングとそれに対する反応は赤ちゃんとの会話の始まりなので、たくさんお話してあげてください!

クーイングはいつまで?

クーイングは、生後3カ月頃には口を使う「ばぶばぶ」といったような「喃語(なんご)」に変わります。
そして1歳頃に最初の言葉を発するようになるのが一般的です。
ただしクーイングの続く期間、終わる時期には個人差があります。
成長は赤ちゃん一人ひとり違うのでその子の発達と成長をゆっくりと見守ってくださいね。

クーイングをしない、しなくなったときはどうしたらいいの?

これまでよくクーイングをしていたのに突然しなくなった、生後3カ月頃になってもまだクーイングをしない…
周りの子はしているのにうちの子だけしないのは発達が遅れているの?
など、心配になりますよね。とはいえ、焦る必要はありません。

個人差が大きい

クーイングの頻度は赤ちゃんの個性も大きく影響します。
クーイングや喃語がなくても突然言葉を話し始める子もいるほどです。
クーイングがなくても、歌いかけたり話しかけたりして豊かなコミュニケーションを取り、楽しい時間を過ごすようにしてください。そうすれば言葉の発達は促されます。

不安なときは小児科医に相談しましょう

もしクーイングをしない、またはしなくなったこと以外にも変わった様子がある場合は、小児科医に診てもらうと安心です。
コミュニケーションが発達しているかが心配であれば、応答性を確認してもらいましょう。
クーイングはコミュニケーションの発達を表す動作のひとつですが、クーイングをしなくてもきちんとコミュニケーションが発達していることも多くあります。
ママ・パパが声かけをしたり歌ったりしたときに反応してくれるようであれば、コミュニケーションの基礎が発達していることがわかります。
また耳が聞こえていないのかもと心配になることもあるでしょう。
その場合は、まず日常生活のなかで音に反応しているかどうかを見てみてください。
音のする方に顔を向けたり、音を立てるとびくっとしたりしていれば、耳が聞こえている証拠です。
また「聴覚スクリーニング検査」を受けることでも確認できます。
聴覚スクリーニング検査とは、寝ている赤ちゃんに音を聞かせ、脳や内耳が正常に反応するかどうかを機械で分析する検査です。
多くの病院では、生まれてすぐに、赤ちゃんに聴覚スクリーニング検査を行っています。
その検査をパスしていれば聴覚には問題ないです。
どうしても心配なときは、そのまま抱え込むのではなく、病院に相談してくださいね。

まとめ

クーイングは生後1〜3ヶ月頃までの赤ちゃんのかわいい言葉です。
赤ちゃんが機嫌がいい時に話をしてくれたらたくさん反応してあげてくださいね!
また、クーイングをしないからといって発達をしていないわけではないです。
赤ちゃんの時期は本当に個人差が大きく不安なことも多いと思いますが、ゆっくり赤ちゃんに合わせて成長を見守るようにしていきましょう。

コメント