赤ちゃんのおしゃべり喃語って何?

子供

赤ちゃんの言葉としてクーイングがありますよね。
クーイングのように「あーあー。うーうー。」だけでなく、「あうあう。あくー。」など何か一生懸命に話をしてくれることってないですか?

とても可愛らしいこの言葉「喃語なんご」とは何か紹介してきたいと思います!

喃語なんごってなに?

喃語とは、赤ちゃんが言葉を覚える前に出す、意味を持っていない声のことです。
「なむ。」「あくー。」「だあ。」など、口や舌を使うことで出すことのできる声で、2つ以上の音がつながっているものです。

喉から出る音を変化させ、様々な音声を組み合わせたり、繰り返したりしながら赤ちゃんは自分の声を聞いて楽しんでいます。
初めは「あうー」など短い言葉しか出せないですが、自分で声遊びをしていく中で「あぶぶぶ」などの長い言葉を出せることが増えます。

喃語はクーイングと同じように機嫌の良い時に出るようになってきます。
基本的にクーイングは喃語には含みません。
体を動かすのが活発になり、表情もさらに豊かになってきます。

産まれてから赤ちゃんは泣くことでしか気持ちを伝えることができませんでしたが、徐々に手足を動かしながら、喃語を話すことで声を出すことが自分の思いを伝える手段だと認識するようになります。
赤ちゃんなりに頑張って何かを伝えようとしてくれているのはとてもかわいいですね。

赤ちゃんが喃語を話すようになってきたら、相槌をうったり、声に対して返事をしてあげたりしてあげてください。
赤ちゃんとのやりとりを通して、喜びや安心、楽しみを共有することで赤ちゃんも前向きな気持ちになることができます。

いつからいつまで喃語を話すの?

喃語はおおよそ生後5〜6ヶ月ごろより出ると言われています。
クーイングが2ヶ月ごろに始まり、赤ちゃんの骨格が整い口の奥にある音を作り出すところが成長することにより声を出すことができます。
赤ちゃんの体の成長の準備ができたら声を出せるようになるので、5〜6ヶ月以前に喃語を話す子もいればゆっくりと1歳ごろから話す子もいるので、ゆっくりと赤ちゃんの言葉が出るまで待っていてあげてください。

8〜9ヶ月ごろを過ぎると、自分の出した声や反応してくれいている周りの声を意味のあるものとして取り入れ出します。
また、発声や肺から出る空気のコントロールをしっかりとできるようになるのではっきりとした喃語の発音になります。

その後、喃語を話すようになってから3〜4ヶ月程度で喃語の数が少なくなっていき、指差しや身振り手振りが増えてきます。
今まで喃語で表現していた気持ちを身振り手振りで、楽しい、嬉しいなどを伝えてくれるようになります。
ここまでくると言葉を出す一歩手前です。

ここまでの過程を過ごし、意味を持った言葉「まんま」などの一語文を話してくれるようになります。

なかなか喃語を話してくれないのは発達の遅れなの?

赤ちゃんの発達のことは親としては気になるところですよね。
様々な情報を見ては、もしかして今できていないのは発達が遅れているのではないかと不安になることも多いと思います。

しかし、身長・体重などのように赤ちゃんの成長については個人差が大きいです。
目安としてこの時期にこれができるようになるという基準は基本的にはかなり曖昧です。
喃語に関しても、おおよそ5〜6ヶ月ごろからという目安はあるものの早く出る子もいれば、少しゆっくりと出る子もいます。

赤ちゃんが喃語を出すためには体や心の中でたくさんの準備が整わないといけません。
喃語がなかなか出ない原因をいくつか紹介していきます。

 体の準備ができていない

そもそも人が声を出すためには、喉の奥のスペースが必要です。
赤ちゃんはまだまだ骨格は成長段階で未成熟なところが多いです。
そのため声を出すための喉の奥のスペースが整わないと、空間が狭いために声を出せません。

また、2つ以上の音を出すためには声を出すために空気の調節をする声門という部分の成長もしていないといけません。

赤ちゃんはまだまだ成長段階なので、体の成長が整わないと声を出すことができないんですね!
なので、焦る必要はなくゆっくりと体が声を出す準備が整うまで待ってあげてください。

 もしかしたら耳が聞こえていないのかも

言葉を覚えるには音を聞くところから始まっています。
赤ちゃんはママのお腹の中にいるときから耳の機能が出来上がっており、お腹の中から外の音を聞くことができます。

赤ちゃんが自分から声を出すには、まずは聞くことがしっかりとできていないといけません。
今では、産まれてからすぐに病院で耳の検査をしてくれますね。
もし、耳が聞こえない赤ちゃんであってもクーイングはできます。
ですが、自分の声が聞き取れず、自分が声を出しているのかが分からなくなり声を出さなくなってしまうこともあります。

もし、音に反応しないな・・・など心配であれば病院で相談してみてください。

 やりとりしたいという気持ちがまだ芽生えていない

赤ちゃんはママ・パパから、泣いているときにあやしてもらったり、声を出したら反応してもらったりお世話をしてもらう中で信頼していきます。

いつも話しかけてくれる優しい表情や声、匂いなどから赤ちゃんの頭の中に「いつもお世話をしてくれる、良い気持ちにしてくれる人」と記憶されます。

赤ちゃんの養育過程では、あやして赤ちゃんが笑顔で応える、そして、その笑顔にまた応えてあげるというやり取りが繰り返されます。
他にも、視線のやり取りもよく行われます。

こうしたやり取りの繰り返しは、赤ちゃんにとって非常に心地のよいものです。
こうした体験の積み重ねが、相手とコミュニケーションを交わし、再び心地よい気持ちを味わいたいという動機を引き出し、赤ちゃんの喃語を促します。

 発達に遅れがある

発達障害のある子どもの乳児期の特徴のひとつとして、喃語を含めて、言葉がなかなか出ないという症状があります。

発達障害とは、先天性の脳の機能障害です。
発達障害のある赤ちゃんは、コミュニケーションや人との関わりを作ることなどの社会的な部分が育ちにくいという特性があります。

人と人とのコミュニケーションは、言葉によるものだけではありません。
例えば、視線を合わせたり、微笑みを浮かべたりすることもコミュニケーションです。
赤ちゃんとの関わりの中で視線を交わしたり、微笑みを浮かべたりすることが少ないときには、発達に遅れがあることも考えられます。

しかし、乳幼児期の赤ちゃんの成長には個人差が大きいため発達障害と診断することはとても難しいのでしっかりと分かるのは年齢が上がってきてからになります。

なので、1歳まで喃語が出なくても発達障害であるというわけではないです。

喃語を引き出すための工夫

赤ちゃんの喃語が出てくるには、子どもとのコミュニケーションの積み重ねがあります。
最初は抱っこをすることにより体温や匂いを感じることから始まり、視線を合わせたり、音声のトーンを真似したりという、やりとりが生まれ、進展していきます。

人とふれあうことの心地よさこそが喃語の発声を促していきます。

 ゆっくり、はっきりと口を見せながら話しかける

赤ちゃんが喃語を発するためにはある程度の訓練が必要です。赤ちゃんは、喉の筋肉や音を作る器官の成長に伴い、思い通りの音を出すために準備をしている段階です。

ポイントとしては赤ちゃんに、口の動きがよく見えるようにゆっくり、はっきりと話しかけることです。
生まれたばかりの赤ちゃんは視力が弱いために、遠くにあるものは見えないので、赤ちゃんの顔の近くで話しかけてあげるとよいでしょう。
ある実験によると、母親が赤ちゃんに話しかけるときに特有の、ゆっくりとした抑揚のある少し高めの声は、赤ちゃんの注意を引きつけ、脳を活性化させる効果があると検証されています。

赤ちゃんにいっぱい話しかけてあげることで真似をしてくれるようになってきます。

 赤ちゃんを笑わせる

また、赤ちゃんが声を出すための準備をお手伝いするために、赤ちゃんを笑わせる方法があります。
微笑みとは異なり、「キャッキャ」と声をあげて笑うというもので、喃語と同じく2つ以上の音で構成されます。

笑うことで、言葉を出すための息を吐くコントロールをすること、喉の奥が広がることが必要なので言葉を促しやすくなります。

 コミュニケーションをしたいという思いを引き出す

赤ちゃんの表情や行動を読み取り、気持ちに寄り添って反応してあげることで、赤ちゃんにもママやパパと通じ合っているとく喜びを感じてもらうようにします。

具体的には、赤ちゃんが笑っていたら一緒に笑ったり、クーイングをしていたら相槌をうってあげたり、赤ちゃんの気持ちを代弁してあげるなどです。

赤ちゃんは周りの人の反応で心地よい体験をすることで、もっと人と関わっていきたいという気持ちが出てきます。
そのため、赤ちゃんとの関わりをしっかりともってあげることで赤ちゃん自身の意欲につながります。

まとめ

早く我が子と話をしてみたいと思いますよね。
その前段階としての喃語を紹介していきました。
赤ちゃんの発達は体の準備ができていないと喃語は話せません。
また個人差も大きいです。
赤ちゃんが話そうと思った時にたくさん話せるように、普段からのコミュニケーションはしっかりととってあげてくださいね!
赤ちゃんはママやパパのことが大好きです。
たくさんお話ししてあげてくださいね!

コメント