甘いものばかり食べてたら糖尿病になる?妊娠糖尿病とは

産前

妊娠糖尿病って知っていますか?
妊娠してから何度か採血がありますが、その時に血糖値も図られています。
妊娠前に糖尿病でなくても、妊娠してから糖尿病になる可能性はあります。
元々糖尿病を持っている妊婦さんと妊娠してから糖尿病になった妊婦さんを合わせると全体の約15%の方が妊娠中に糖尿病と付き合っています。

私自身、糖尿病の可能性があると血糖値が引っかかってしまい、再検査を受けました。

なぜ、元々糖尿病でなくても妊娠中に糖尿病になってしまうのか原因と予防方法など紹介していきます。

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病とは妊娠をきっかけとして初めて糖尿病が発見・発症したことを言います。
妊娠前は何も異常がなくても、妊娠後にホルモン分泌の変化により血糖値が上がることがあります。

妊娠糖尿病は通常の糖尿病とは違い、出産が終わるとほとんどの場合は正常に戻りますが妊娠糖尿病になると母子ともに影響が出ることもあるので注意が必要です。

妊娠糖尿病の原因とは

妊娠中は胎盤から血糖値をコントロールするインスリンを効きにくくするホルモンが出ます。
さらに脂肪の組織からインスリンの働きを抑えるタンパク質が出ます。
そのため妊娠中は普段に比べて血糖値が高くなりやすくなっています。

このようなホルモンの変化は赤ちゃんが臍の緒を通して栄養をとるために起こり、赤ちゃんの成長にとってはいいことですが、バランスが崩れてしまうと母子ともに悪影響になることになります。

どんな人が妊娠糖尿病になりやすいの?

では、どのような人が妊娠糖尿病になりやすいのでしょうか?

・家族に糖尿病の人がいる
・肥満
・35歳以上の高齢出産
・巨大児分娩歴がある
・妊娠高血圧症候群
・羊水過多
・先天奇形児の分娩歴がある
・原因不明の習慣流早産歴がある
・尿検査で糖が強度の陽性もしくは2回以上の陽性

上記の項目に1つでも当てはまると妊娠糖尿病になりやすいと言われています。

どうやって検査するの?

妊娠初期の妊婦検診の時に、随時血糖(普段の血糖検査)を測る項目があります。
この随時血糖値が高い時にはブドウ糖負荷試験(OGTT)という検査をします。
妊娠初期に問題がなかった妊婦さんでも、妊娠中期・後期には血糖値が高くなることがあるので妊娠中期に再度検査があります。

随時血糖

通常の血糖検査です。
普段通りに、朝食・昼食をとった後に血糖を測定します。

空腹時血糖

食事をとらない状態での血糖検査です。

ブドウ糖負荷試験(OGTT)

糖分の入った検査用のジュースを飲んだ後、1時間後2時間後に採血をして血糖値の状態を見ます。

妊娠糖尿病検査の数値目安

・空腹時血糖値:92mg/dl以上
・随時血糖値:200mg/dl以上
・ブドウ糖負荷試験:1時間後 180mg/dl以上
          2時間後 153mg/dl以上

上記の項目を見て医師が判断し、妊娠糖尿病と診断されます。

症状ってどんなの?

妊娠糖尿病の症状はほとんどありません。
気づかないうちに血糖値が高くなっていることがあるので、きちんと妊婦検診を受けることが重要です。

では、妊娠糖尿病になったら母子ともにどのような影響があるのでしょうか。

ママへの影響

・妊娠高血圧症候群
・羊水過多
・網膜症
・腎症
・巨大児による肩甲難産

赤ちゃんへの影響

・流産
・巨大児
・心臓の肥大
・低血糖
・多血症
・電解質異常
・黄疸
・胎児死亡

治療は何をするの?

食事療法

妊娠中は積極的に運動ができないためまずは食事で管理します。

妊娠糖尿病の血糖の目標値は食前100mg/dl、食後2時間120mg/dl未満となります。
妊娠中は赤ちゃんのために単に食事制限をするのではなく、適切な栄養素を含んだバランスの良い食事をする必要があります。

食事療法で気をつけなければならないのが糖尿病ケトアシドーシスです。
空腹時、ママの血液中の糖分は赤ちゃんに優先的に使われます。
一方ママは脂肪をエネルギー源として使います。
この脂肪をエネルギーとして使う時にケトン体が出ます。
ケトン体が多く作られてしまった場合に糖尿病ケトアシドーシスという病気の原因となり、妊娠中はその病気のリスクが高くなります。

糖尿病ケトアシドーシスとは

脂肪の分解によってケトン体という物質が血液中に増え、血液が酸性になり、酷い脱水状態になります。
症状としては、喉が渇くため水をたくさんのみ、尿がたくさん出て全身がだるく感じます。
お腹が痛くなり吐き気が出ることもあり、酷い時は意識を失うこともあります。
このような症状が出る場合には注意が必要です。

インスリン療法

食事療法を行なっても血糖管理ができない場合はインスリン療法を行います。
妊娠していると薬は飲めないので、赤ちゃんに安全なインスリン注射をします。

妊娠が進むとともにインスリンの使用量が増えていき心配になる妊婦さんが多いのですが、ほとんどの場合には出産後に中止できるのであまり心配しないようにしましょう。

妊娠糖尿病の予防方法

妊娠中の適度な運動は必要ですが、激しい運動は控えた方がいいので、基本的には食事に注意が必要です。
妊娠糖尿病の食事療法では一度に多くのエネルギーを摂取し高血糖になることを避けないといけないです。

そのため、1回の食事量を減らし、回数を増やして計6回の食事を行うことで血糖値が安定してきます。

食事での注意点

生活リズムを整え、食事と食事の間隔を一定にします。
食事を抜いたり、食事の時間がバラバラだと血糖値は安定しません。

食べ方としては、1日の適正エネルギー量を3〜6等分にしカロリーをわけて食べるようにします。
1回の食事量が多かったり少なかったりすると血糖値は安定しません。
まとめて食べてしまうと血糖値が急激に上昇するため避けてください。

1日の適正エネルギー量

基本的な主食・主菜・副菜が揃っていることが理想的です。
炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取することで代謝が循環し、効率的にエネルギーを消費できます。

おやつを食べる時は炭水化物や糖質を含むののを避け、ヨーグルトや小魚アーモンドなどのタンパク質、脂質がバランス良く含まれているものは血糖値の上がり方も穏やかになります。

産後注意することは?

産後、再度検査を行い妊娠糖尿病が治っているかを診てもらう必要があります。
治っていても1度妊娠糖尿病になった方は、次回の妊娠時にも妊娠糖尿病になるリスクが高く、将来糖尿病になる可能性も7倍と言われています。
そのため、定期的に検診を受ける必要があります。

母乳を赤ちゃんに与えることで、ママも赤ちゃんも将来糖尿病になるリスクが減ると言われているので、母乳栄養を心がけてみてください。

まとめ

妊婦さんはホルモンの変化から糖尿病になりやすく、糖尿病ケトアシドーシスにもなりやすいです。
つわりなどで、どうしても食事が偏りがちになりますが、できるだけ栄養バランスを考えて食べるようにしましょう。

私も採血で引っかかって、ブドウ糖負荷試験を受けました。
私の場合は、採血前に甘いパンを食べたことで血糖値が上がってしまったので、再検査では特に問題はなかったのですが、ブドウ糖負荷試験が前日夜から絶食で試験用のジュースを飲んだ後も何度も採血をされて、なかなかしんどかったので食事を気をつけるようになりました。

妊娠中に糖尿病になると、将来の糖尿病リスクが7倍というのも驚きですよね。
将来のためにも、しんどいですが頑張って糖尿病予防をしていきましょうね。

コメント