授乳中に赤ちゃんがよくむせる。これって病気?

子供

授乳中に赤ちゃんがむせることはありますか?
うちの子はよくむせるので、病気なのでは・・・と心配になりました。

むせること自体は大丈夫なのをわかっていても、苦しそうにしていたり、ミルクを吐いたり実際に子供がしんどそうにしていると本当に大丈夫かとても不安になりますよね。

なぜ赤ちゃんがむせるのか原因を紹介してきます。

なぜ赤ちゃんはむせるの?

授乳中にむせて、苦しそうな子供を見るとなんとかしてあげたいですよね。
病的な原因もまれにありますが、ほとんどは問題ないです。

母乳・ミルクの勢いが良すぎる

赤ちゃんが1口で飲める量より、母乳やミルクが出る量が多いとむせてしまいます。
大人でも一度に多くの量が自分の意思と関係なしに入ってくるとむせてしまうのと同じです。

この場合は、母乳やミルクの出る勢いを抑えると治ります。

母乳の場合はおっぱいがかなり張っていたり、勢いが良すぎる時は赤ちゃんに飲ませる前に絞っておくといいです。
軽く絞っておくことで、赤ちゃんが飲みやすいようになります。

ミルクの場合は、哺乳瓶の乳首があっていないので穴の小さい乳首に変えてみたり、赤ちゃんが吸うと出てくるものに変えてみたりすると改善されることがあります。

赤ちゃんの飲み方が下手

生まれたての赤ちゃんはおっぱいを飲むのも初めてなので、練習が必要です。
初めからうまく飲める子は少ないです。
なので、ママがしっかりと準備をしていても飲みながらの呼吸がうまくいかずむせることもあります。

息を止めてミルクを飲むこともあるので、赤ちゃんが苦しそうになってきたら休憩しながらあげるのも一つの手です。
そのうち赤ちゃんも飲むのが上手になってくるので、ここは焦らなくても大丈夫です。

ミルクが肺に入りそうになっている

大人でも肺や気管支に液体などの異物が入りそうになると反射的にむせるようになっています。
赤ちゃんも同じです。
頑張ってせきをして、ミルクが肺に入ることを防ぎ、肺炎などになることを防いでいます。

なので、むせること自体はしっかりと反射が起きており正常な反応なのです。

眠たい

母乳やミルクを飲むことは赤ちゃんにとって体力のいることです。
なので、授乳を続けているとだんだん疲れてきて、最後の方はほとんど飲まずにうとうとしていることが多いですよね。

うとうとしているところに母乳やミルクが入ってくることでうまく飲めずにむせることにつながります。

特に哺乳瓶からのミルクは、出続けるのでむせるリスクはかなり高いです。
うとうとしてきたなと思ったら外してあげてください。

ミルクを飲みすぎている

赤ちゃんはお腹がいっぱいになっていても、目の前に乳首があると反射的に吸い付くようになっています。
お腹がいっぱいにもかかわらず、ずっとあげているとむせることがあります。

母乳の場合はどの程度あげたかなどわからないですよね。
そのため、ついつい多くなってしまいむせることがあります。
なので、赤ちゃんがうとうとしてきた、満足そうにしているときはそのサインを見逃さず外してあげてください。

基本的に母乳は欲しがるだけあげていいと言われています。
しかし、あまりにもむせる場合はお腹がいっぱいになっているのかもしれません。

まとめ

赤ちゃんがむせることは、人間の反射としてむしろ正常な反応です。
紹介した原因は赤ちゃんがむせる主な原因です。
どれにも当てはまらないのにむせる場合や不安な場合は病院に相談してみてください。

私も1ヶ月検診の時に先生に相談し、同じ説明を受けました。
私の場合は母乳の勢いが良すぎたので初めに何度か絞ることで改善しました。
いまだに、夜の授乳を子供と一緒にうとうとしてしまい、むせさせてしまうことが多いです。

苦しそうな姿を見ると心配ですが、赤ちゃんもママも練習中だと思って気楽に授乳を楽しみましょうね!

コメント