妊娠中の体重管理って難しい!なぜ体重管理が必要なの?

産前

妊娠中は体型がとても変わります。
体重が増えるのも赤ちゃんの成長だからと分かっていても太り過ぎかも・・・
と思うこともありますよね。

つわりがきつい時期は食事がほとんど食べれないので逆に痩せてしまったり・・・
なかなか妊娠中の体重管理って思っているより難しいですよね。

私も実際に体験して検診のたびに助産師さんに怒られないかビクビクしたり・・・笑
想像より大変な思いをしました。
体重管理はどうしたらいいのか、体重の目安など紹介してきたいと思います。

なぜ体重管理が必要なの?

そもそもなぜ体重の管理が必要なのでしょうか。
妊娠中に体重が増えすぎると、妊娠糖尿病妊娠高血圧症候群、巨大児、帝王切開といったリスクが高くなるといわれています。
妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群になるとママだけでなく最悪の場合、胎児死亡にもつながってしまいます。

逆に痩せすぎると早産しやすい傾向になります。
また、赤ちゃんが小さく十分に発達していない状態で生まれることもあります。
妊娠中の栄養不足が原因となり小さく生まれた赤ちゃんは将来生活習慣病にかかりやすいと言う研究報告もあるみたいです。

そのため、妊娠中からしっかりと体重を管理し、増え過ぎ、痩せ過ぎないようにする事が重要です。

体重増加の目安

妊娠中にどのくらい体重が増加してもいいのかは、妊娠前の体格によって異なります。

まずは妊娠前の体重と身長を元に、自分のBMIの値を出します。
計算方法は、妊娠前の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)です。
例えば、体重が55kgで身長が160cmの方の場合は55÷1.6÷1.6=21.4となります。

痩せ気味(BMIが18.5未満)

妊娠してから出産までの期間中、9~12kg程度の体重増加が目安です。

妊娠中期以降の推奨体重増加量は、1週間あたり0.3~0.5kg程度が良いとされています。

普通(BMIが18.5以上25.0未満)

妊娠してから出産までの期間中、7~12kg程度の体重増加が目安です。

妊娠中期以降の推奨体重増加量は、1週間あたり0.3~0.5kg程度が良いとされています。

太り気味(BMIが25.0以上)

妊娠してから出産までの期間中、おおよそ5kgの体重増加が目安です。

妊娠中期以降の推奨体重増加量は、医師に要相談とされているので検診の時に確認しましょう!

痩せすぎないための体重管理のコツ

妊娠中の体重増加だけでなく痩せすぎも良くないです。
痩せ過ぎのリスクとして以下のリスクがあります。
・生まれた子が将来生活習慣病になりやすい
・赤ちゃんが小さく生まれる
・早産になりやすい

では、痩せ過ぎないようにどうしたらいいのでしょうか?

適度な運動をする

体重が減ってしまうと、運動は控えた方が良いと考える方が多いかもしれません。
しかし、運動でカロリーを消費するリスクよりも、適度な運動をすることで出産や育児に必要となる筋力・体力がつくメリットの方が大きいです。

運動をすれば気分がリフレッシュされ、食欲増進につながる場合もあります。
医師や助産師の許可が出ている場合は、マタニティヨガやマタニティスイミングなどにトライしてみてください。

小まめに食べる

つわりで気持ちが悪くなると、何も食べられずにどんどん痩せていってしまいます。
痩せすぎないためには、食べられるときに少しずつでも口に入れるようにしましょう。

もしも水分すらとれずに繰り返し吐いてしまう場合は、妊娠悪阻になっている可能性があります。
点滴などの処置を受ければ楽になることもあるので、つらいと感じる場合は早めに受診しましょう。

太りすぎないための体重管理のコツ

太りすぎると以下のリスクが高くなります。
・妊娠糖尿病になりやすい
・妊娠高血圧症候群になりやすい
・難産になりやすい

では、太り過ぎないようにはどうしたらいいのでしょうか?

塩分を減らす

太りすぎを防ぐためには、まず塩分を減らすことが大切です。
家で料理をする際は、ダシをしっかりと取るなど工夫することで、塩分が少なくてもおいしい食事が作れます。
1日の塩分の目安は7gです。

低カロリーの食べ物を選ぶ

食べづわりでお腹がすくと気分が悪くなる場合は、カロリーの低い食べ物を選んで食べましょう。
腹持ちが良いこんにゃくゼリーや寒天、昆布など、噛みごたえのあるものもおすすめです。

1回あたりの食事量を減らす

甘いものや米・いも類などをたくさん食べて一度に大量の糖質をとると、脂肪細胞に糖が運ばれ体重増加の原因となります。
1回の食事で食べすぎないように気を付けるだけで、体重増加を抑えるきっかけになります。

糖質のとり過ぎは妊娠糖尿病になるリスクを高めるため、注意しましょう。

運動を継続的に行う

太りすぎの防止には、軽い運動を継続的に行うことも大切です。
健診の際にどのような運動が良いか、マタニティヨガなど何分くらい運動して良いかなどを医師や助産師に相談してみましょう。

おわりに

実際に私も妊娠中に12kgまでの体重制限で過ごしていましたが、私の場合は食べづわりで初めに大幅に体重グラフを超えてしまっていたので、つわりがおさまってからの体重管理がかなり難しかったです。
最終的には13kgで1kgオーバーしてしまいましたが、、、

なかなか難しい体重管理ですが、ママと赤ちゃんのためにも頑張っていきましょう!
あまり気にしすぎるとストレスになるので気楽に頑張ってくださいね!

コメント