妊娠高血圧症候群とは?

体の悩み

妊娠高血圧症候群って知っていますか?
妊婦さんで色々調べている方なら知っているかもしれません。
ただ高血圧になるだけでなく、高血圧になった場合にたくさんの影響が母子ともに出てきます。
妊娠高血圧とは何か、予防方法など紹介していきます。

妊娠高血圧症候群とは

妊娠時に高血圧を発症した場合、妊娠高血圧症候群といいます。
妊娠前から高血圧の場合、もしくは妊娠20週までに高血圧になってしまった場合を高血圧合併妊娠と呼びます。

妊娠20週以降に高血圧のみ発症する場合は妊娠高血圧症、高血圧と蛋白尿を認める場合は妊娠高血圧腎症と分類されます。

2018年からは蛋白尿を認めなくても肝機能障害、腎機能障害、神経障害、血液凝固障害や赤ちゃんの発育が不良になれば、妊娠高血圧腎症に分類されるようになりました。

収縮期血圧(上の血圧)が140以上(重症では160以上)、あるいは拡張期血圧(下の血圧)が90以上(重症では110以上)になった場合、高血圧が発症したといいます。

尿中に蛋白が1日あたり0.3g以上出ること(重症では2g)を蛋白尿を認めたといいます。
この病気は妊婦約20人に1人の割合で起こります。
早発型と呼ばれる妊娠34週未満で発症した場合、重症化しやすく注意が必要です。

どんな人がなるの?

全員がなるわけではない妊娠高血圧症候群はどのような人がなりやすいのでしょうか。

・もともと、糖尿病、高血圧、腎臓の病気などを持っている、
・肥満
・母体の年齢が高い(40歳以上)
・家族に高血圧の人がいる
・双子などの多胎妊娠
・初めてのお産の方
・前にも妊娠高血圧症候群になったことがある


上記に当てはまる方は妊娠高血圧症候群になるリスクが高いとされています。

赤ちゃんとママにどんな影響があるの?

妊娠高血圧症候群は、赤ちゃんとママの命に関わることもあります。
では、どのような影響があるのでしょうか。

赤ちゃんへの影響

・胎児発育不全(赤ちゃんの成長が悪くなる)
・常位胎盤早期剥離(出産前に胎盤が剥がれて赤ちゃんに酸素が届かなくなる)
・胎児機能不全(赤ちゃんの状態が悪くなる)
・胎児死亡

ママへの影響

・血圧の上昇
・蛋白尿
・むくみ
・子癇(けいれん発作)
・脳出血
・肝臓や腎臓の機能不全
・HELLP症候群(肝機能障害に溶血と血小板減少を伴う)

このように妊娠高血圧症候群が重症化してくると母子ともに危険な影響があります。

予防方法はあるの?

赤ちゃんにもママにも妊娠高血圧症候群は危険であることがわかりました。
では、できるだけ妊娠高血圧症候群にならないようにどのように予防すればいいのでしょうか。

体重を増やしすぎない

妊娠中の適正体重は妊婦さんによって違います。
急激な体重増加や肥満は妊娠高血圧症候群だけでなく、妊娠糖尿病のリスクが高くなるので体重管理は頑張って下さい。
妊娠中期以降は500g/週以上の体重増加は注意が必要です。

塩分を控える

塩分を多く摂取すると、血液の濃度を一定に保とうと血管内の水分が増えます。
そのため、体の中をめぐる血液量が増え血圧が高くなります。

1日の塩分量は10g以内に抑えるようにして下さい。
むくみの兆候が見られる場合には塩分のとりすぎに注意が必要です。

こまめに休むようにする

疲れがたまると血圧が高くなってきます。
疲れがたまらないようにこまめに休憩するようにして下さい。
横になって休むと子宮や腎臓への血流が増し、血圧も安定します。

治療はできるの?

治療の中心は入院と安静です。
入院中は血圧を下げる薬を使ったり、けいれんを予防するために薬を使うことがあります。
完全に治すためには、出産が一番の治療となります。
そのため、赤ちゃんが小さくても母子ともに危険であれば早く生まれてきてもらうこともあります。

通常出産後はママの症状は徐々に良くなりますが、重症化した方は出産後も症状が続くこともあります。

まとめ

妊娠高血圧症候群になると母子ともに命の危険があることがわかりました。
体重管理や生活習慣を気をつけてできるだけ高血圧にならないように予防しましょう。

重症になってしまうと、赤ちゃんを小さいまま出産しないといけなくなるかもしれません。
そうなると赤ちゃん自身もとてもしんどい思いもしますし、ママも精神的にもしんどくなってしまいます。
できるだけそうならないように、気をつけましょうね。

どれだけ気をつけていても、妊娠中は何が起こるかわかりません。
何かおかしいなと思ったらすぐに病院で受診して下さいね。

妊娠中は不安なことが多いですが、赤ちゃんのためにも一緒に乗り越えましょう。

コメント