妊娠中の不快な尿もれ。これって私だけ・・・?

体の悩み

妊娠中に尿もれを経験する人は多いと思います。
私も妊娠期間が進むにつれ、頻尿と尿もれに悩まされました。
なぜ尿もれは起きてしまうのか原因と予防策を紹介していきます。

なぜ尿もれは起こるの?

妊娠するまでは、尿もれとかしたことなかったのに・・・と心配になりますよね。
妊婦さんの尿もれの原因を紹介していきます。

お腹が大きくなり膀胱を圧迫するから

妊娠中に尿もれが起こるのは、赤ちゃんの成長とともに子宮が大きくなり、膀胱を圧迫するためです。
特に、起き上がる、立ち上がるなどのお腹に力が入る動作を行った時や、胎動で赤ちゃんが動いたときに膀胱が刺激され尿もれが起こりやすくなります。

膀胱の収縮力の低下

妊娠中は大きくなった子宮が暴行を圧迫しやすいのに加え、膀胱の収縮力も落ちています。
そのため、おしっこをする際にお腹に力が入りいきみがちになります。
いきむおしっこが癖になってしまうと尿もれが起きやすくなります。

尿もれが起きる時期は?

妊娠中の尿もれは、子宮が大きくなっていない妊娠初期にはあまり起こらないです。
尿もれしやすくなるのは、お腹が大きくなって子宮が膀胱を圧迫する妊娠中期から後期にかけてです。

出産後も尿もれが続く人もいます。
出産後の原因としては、出産のときに子宮や膀胱を支える筋力が低下するため起こります。

尿もれを予防するにはどうしたらいいの?

では、尿もれを予防することはできるのでしょうか?
結論から言うと尿もれは予防できます!!
予防方法を紹介していきます。

こまめにトイレに行き、いきまないおしっこをする

妊娠中の尿もれ予防として、こまめにトイレにいくようにして下さい。
お腹が大きくなってくると移動するのもしんどくて、ついつい我慢してしまいがちになりますが、尿意を感じたらすぐにトイレに行き、自然におしっこを出せるようにすることで、いきむおしっこの習慣をなくすようにしましょう。

また、こまめにトイレにいくことで膀胱炎の予防もできます。
妊婦さんは免疫力が低下しているため膀胱炎になりやすいので注意して下さい。

一度に水分を摂らない

お腹の赤ちゃんのためにも水分摂取は重要です。
体温が高くなっているので喉が乾きやすく、普段より水分を多くとっている人が多いと思います。
一度に水分を摂るとその分おしっこが作られるので、こまめな水分補給を意識して下さい。

尿もれしないように筋トレをする

尿もれを起きにくくするために行う「ケーゲル体操」というものがあります。
これは、骨盤底筋という子宮、膀胱を支える筋肉を鍛える体操です。
骨盤底筋を鍛えると、妊娠中の尿もれだけでなく出産後の尿もれ予防にもなります。

ケーゲル体操

①仰向けに寝転び、肩幅に足を開いて膝を立てる
②全身の力を抜き、肛門と膣をキュッと締める
③そのまま5秒キープ
④ゆっくり体の力を抜く

①〜④を5回から10 回程度繰り返す。

このケーゲル体操は寝転んだままできて体への負担も少ないです。
尿もれが気になる方はぜひ毎日行って下さい。

尿もれ対策

尿もれパッドを使う

尿もれで下着が汚れるのを防ぐために、尿もれパッドがあります。
ドラッグストアで給水パッドという名前で買えるので比較的手に入りやすいです。

量が多くなければ、おりものシートや妊娠前に使っていた生理用ナプキンでも代用できます。
ただし、パッドを長時間つけていると蒸れてかぶれてしまったり、カンジダ膣炎になりやすくなります。
尿もれパッドを使う時は、こまめに取り替え清潔を保ち、ずっとつけ続けるのではなくつけない時もつくって下さい。

まとめ

尿もれは妊婦さんであればほとんどの方が経験することです。
筋肉を鍛えることで予防にもつながりますし、出産後の自分のためにもしておくといいと思います。
少しでも、みなさんが快適に過ごせますように!

コメント