妊娠してから腰が痛すぎる!腰痛の原因と和らげる方法とは

産前

妊娠してから腰が痛くなったと感じることはないですか?

私の場合は妊娠超初期から妊娠期間中はずっと腰痛に悩まされました。

腰が痛いと、寝る時の姿勢も限られ寝にくく感じたり、日常生活でも行動が限られていました。

なぜ、腰痛は起きるのか、和らげる方法など紹介していきます。

なぜ腰痛は起きるの?

女性ホルモンが影響している

妊娠してから分泌される女性ホルモンは、骨盤の関節や靭帯を緩めて、出産時に赤ちゃんがママの骨盤を通る準備をしています。

骨盤のつなぎ目である、靭帯や恥骨部分が緩むため、靭帯の代わりに周りの筋肉が固くなり頑張って関節を支えようとします。
これにより、腰や背中に大きな負担がかかり痛みが起きています。

妊娠による姿勢の変化

赤ちゃんの成長に伴い、お腹が大きくなってくるためバランスを取るためにどうしても腰を反らしたような姿勢になってしまいます。


この姿勢で、腰にさらに負担がかかってしまい腰痛が出てきます。
また、腰だけでなくお尻や太ももの痺れがあることもあります。

歩けないほどの痛みがある場合は、病院に相談してください。

腰痛の改善方法

姿勢を正す

家事などをしているとどうしても前傾姿勢になってしまいます。
前傾姿勢になると腰に負担がかかってしまうため、なるべく前傾姿勢になっている時間を減らすようにしてください。

長時間同じ姿勢になってしまう料理などは、時々座ったり足をマッサージしたりしながら体をリラックスさせる時間を作ってください。
私の場合はそもそも妊娠中に長時間立っていられなかったので、椅子を使って料理していました!

また、歩く時の姿勢としてお腹が大きくなると反り腰になってしまうため、できるだけ背筋を伸ばし、まっすぐ歩くような感覚を意識してみてください。
まだお腹が出てきていない妊娠初期から意識しておくと楽かもしれません。

腰回りを温める

腰回りを温めるのも効果的です。
ゆっくりと湯船につかり腰回りの筋肉の緊張をほぐします。

ただし、入浴することで子宮の収縮を促してしまうこともあります。
もし、入浴中にお腹の張りを感じたら早く出るようにしましょう。

私がよくやっていたのは、電子レンジで温める小豆のクッションを使って腰を温めてました。
じわっと温めてくれるのでかなりリラックスにもなり癒されたのでおすすめです!

適度に運動をする

運動不足になると、普段でも血液が滞り体がだるく感じたりします。
適度に運動することで血流もよくし、筋肉のストレッチもしていきましょう!

ただし、医師から運動を禁止されていたり、過度な運動は赤ちゃんが早く出てきてしまうこともあるので心配な場合は病院で相談してください。

骨盤ベルトを使う

妊娠中の腰回りの靭帯や関節の緩みをサポートしてくれる骨盤ベルトがあります。
昔はさらしを使用していましたが、今は便利な腹帯や骨盤ベルトが主流になっています。

私も半信半疑で使いましたが、腰を支えてくれるだけでこんなに違うのかとびっくりするほど安定します。
それだけ腰が緩んでいたということですね・・・
普段の生活を楽にするならこれが一番効果があったと思います。

まとめ

妊娠中の腰の痛みは女性ホルモンによるものです。
これは赤ちゃんを出産するための準備なのでとっても必要なことです。

私は妊娠初期が一番辛くて、ベッドで横になっていても痛いし起き上がることができなくなるほどでした。
仰向けがなんせしんどかったです、起き上がる時に腰が割れるかと思いました。
腰が緩むってこんなに辛いのかとびっくりしたのを覚えています。

私の場合は腰の痛みにもムラがあって、痛みが強くなってきたときは「あ、また骨盤が緩んできているな・・・」と思っていました。

いろいろ調べて試してきましたが、特に効果があったのが腰を温めることと、骨盤ベルトです。
骨盤ベルトは産後でも使えるのでかなり便利ですよ!
産後の方が、腰がガクガクして大変でした・・・笑

自分が楽な方法を見つけれたらいいのですが、痛みが酷い場合は無理せず病院で相談してください。

仕方ないと分かっていても辛い腰痛、少しでも参考になれば幸いです!

コメント