【パパ目線】立ち合い出産はするべきなのか?メリットとデメリットを紹介

出産

子供が生まれてくる日が近づいてくると、「病院から立ち合いは希望されますか?」と聞かれます。

立ち合い出産ってしたほうが良いのか、しない方が良いのかわからないし。

正直、できることなら奥さんの苦しんでる顔は見たくないし、

長時間励まし続けるのも大変そうだし、血とかそういうのは苦手だし、でも生まれたての子供の顔は見たいし、と色々と考えてしまいますよね。

僕自身は立ち合い出産したくなくて、嫁に説得されて渋々立ち会ったのですが、

立ち会ってみると良い部分が結構ありました。

今回は、実際に立ち合い出産した僕が思ったメリットとデメリット。

さらには看護師であり、ママである嫁の意見も交えて紹介していきたいと思います。

立ち合い出産のメリット

実際に立ち合い出産をしてみて、思ったメリットは

出産の大変さを身に染みる

陣痛で痛がっている姿っていうのは、今までみたこともないような表情で、泣いていました。

陣痛には波があるのですが、その波は最終的に1分に1回ぐらいになります。

その時は、痛みのせいで疲れ果ててでも、痛みが押し寄せてくる。

なんていう地獄なんだろう。

痛みのレベルは自分では経験できないので分からないが、みてるだけでもすごく痛そう、

全身麻酔をするときの背骨に直で注射するよりも痛みはきついそうで、人生No1だと言っていました。

大変さは、周りの友達からも結構聞いていましたが、実際に聞くのと見るのでは全く違いました。

この経験を経て奥さんや子供を大事にしようと心に決めました。

出産中の話を後で一緒にできる。

立ち合いをした人だからこそ分かる話や周りの人にどうだったのか等旦那さん目線で説明できたり

話をしたりすることができました。

出産後もどんな時が辛かったのか、何を考えていたのか、あの助産師さんの対応はどうだったのかなど色々と話もできて良かったです。

周りからいいパパに見られる。

立ち合いするんですって言うだけで家族思いのいいパパに見られがちです。

立ち合いする前は苦しむ奥さんをずっと見てるだけなんて憂鬱だなと思っていましたが、

立ち会った後は周りからの目も変わりましたし、会社でも家族思いの父として認識されるようになってきました。

家族想いになる

凄惨な現場を目の当たりにして、奥さんも赤ちゃんも大事にしたいなと思うようになり、

それまでは子供のことは奥さんにある程度任せれるだろうと思っていたのですが、

やっぱり自分でもしっかりと子育てをしないといけないな。と思うようになり、

育休が取れない会社だったのですが、ずっとごねて無理を言って育休をもらいました。

正直、育休を取れてその分家族に時間を使えるので本当に取って良かった。

他の社員のパパさんは、生まれてきても起きてるのをみるのは週に1回とかのレベルだったので

そんな状態ではしっかりと子供と向き合うのも難しいなと感じました。

立ち合い出産のデメリット

立ち合い出産を経験して思ったデメリット

何事も奥さん優先なので体がきつい

出産する主役は妊婦さんなので当たり前なのですが、用意されているのは、硬い丸椅子だったり

背中をさする時は中腰でずっとキープしていたりと、お尻と腰に対するダメージが半端ではありませんでした。

もちろん、妊婦さんの方が辛い思いもしているのも理解してるので、こんなことで文句は言いませんが、結構辛かったです。

時間との戦い

これも、あまり言えないような話にはなるのですが、

うちは、陣痛が来てから生まれるまで15時間かかりました。

夜中の3時に陣痛が始まり、生まれたのはその日の夕方18時、

この15時間、横につきっきりになるのです。

やることもほとんどなく、横にいて励ますのみ。

最初の方は痛みもそこまでキツくないので、モニターの波形をただ見つめるだけ。

時間がなかなか進まなくてつらかったです。

どんな罵声が飛んでくるのか分からない

これはうちにはなかったのですが、結構周りの友達などの話であるのが

出産中に気に入らないことがあると大声で怒ったり、昔の話で急に怒られたり、

違う男の人の名前を叫んでいたり、という事案があるそうです。

妊婦さん自身はほぼ記憶にないそうなので、後で聞くこともできないのですが、

ある程度の怒号は覚悟して行った方が良さそうです。

妊婦目線での立ち合い出産

うちの奥さんは仕事上出産の立ち合いなどもすることがあるのですが。

「立ち合いした人はちゃんとパパになっている」という持論がずっとあります。

なので、絶対に旦那には立ち合いしてもらうと妊娠する前から聞かされていました。

他にも、一人で産むのはやっぱり不安があったり、

水分補給などのサポートとして隣にいてくれる方が助かるなど、

いろんな意見がありましたが、

結局のところは、一人で苦しんでるときに違う場所でゆっくりして欲しくない。

私の苦しみを見て体験して痛感して欲しい。というのが結構大きい理由でした。

実際、立ち合いをしてかなり痛感しましたし、立ち合いはして良かったと思いました。

まとめ

メリットもデメリットもある立ち合い出産ですが、

僕自身の意見としては絶対に立ち合い出産をするべきだと思います。

正直男としては、勝手に産んでくれて可愛い赤ちゃんを見にいくぐらいが丁度いいと思っていましたが、

あの壮絶さ、生まれたときの感動は何ものにも変えれない体験です。

一生のうちにそんなに経験できないことなので是非とも立ち合い出産を検討してみてはいかがでしょうか?

コメント